軽いきっかけで新しい性の世界に飛び込んでみました

軽いきっかけで新しい性の世界に飛び込んでみました

私は現在32歳の女です。兵庫県の加古川市に住んでいます。結婚もしており、人妻です。しかし、今は浮気をしています。10数年ぶりに会った同級生から、面白いサイトを教えてもらって、そこで出会った男性に逆援助をしながら会っているんです。パッと見は、よくあるサイトなんですが、そこには逆援助をしたいと考える女性が多く集まっているんです。友達だからこそ、こういう話も教えてくれたんですが、おかげで今の私は楽しい人生を過ごしています。親友と呼べるほどの友達ではなかったものの、高校時代にはよく遊んでいたので、久しぶりに再会してすぐにかつてのように仲良くなれました。最初は彼女の悩み相談を聞いたりと、どちらかと言えば私のほうがいろいろと教える立場でしたが、2度目に会ったときに彼女のほうからサイトのことを教えてくれたのです。前回会ったときに少しだけ、私が主人とうまくいっていないということを話していたのですが、だったらお金を介入させて、自分が好きなように男を扱って、欲求不満やストレスをなくしてみたらいいと言ってくれたんです。

さすがにそこまでのことは考えていなかったのでビックリしましたが、その晩しばらく考えて、そういう関係もアリかもしれないって思ったんです。普通に浮気すればお互いに愛情があるので、さすがに私も罪悪感を抱くことになりますが、お金の関係であれば向こうはあくまでもドライな感情ですから、罪悪感も薄れるような気がしたんです。しかも、お金が間にあれば、私は相手に好きなように指示をして遊べるって思ったんです。せっかく主人以外の男性と会うならば、男性にリードされて自分が受け身になるなんていう、いつも通りのことはしたくなかったんです。そのため、友人から教えてもらったサイトにアクセスしました。その結果、今はひとりの男性とのみ、お付き合いを続けています。彼は26歳の社会人なのですが、ドエムなんです。つまりは女性に管理されることに喜びを感じる人です。そういう人と出会ったのははじめてなんですが、彼からその性癖のことを聞いたときに、そういう世界に飛び込んでみたいって思ったんです。きっかけとしては本当にそれだけのことですが、結果的には新たな自分を見つけ出すこともできて、充実した毎日を過ごすことができています。

また、彼も私とのプレイをとても楽しんでくれているようで、それもまたうれしいです。私は小さな願望として男性を管理して、自分の発言に従わせることに興味があったのですが、彼が本物のマゾであることから、こちらも開花してしまっている状態です。彼が敬語で私に話して、何かを懇願したりする姿がかわいくて仕方ありません。また、彼とは性格も会うので、ベッド以外の場所でも会っています。デートしたり、お酒を飲みに行くこともあります。そのときは手をつないで、恋人のように過ごしています。ほぼ不倫関係です。おかしな話ですが、彼とはすごく自然体で過ごせますし、自分を作らなくてもいいんです。おそらくベッドの上で本能のおもむくままに過ごしていて、お互いに恥ずかしい部分も見せ合う関係だからこそ、今さら隠し事もなく、そういう状態で過ごせるんだと思いますが、そもそも性格も合うんだと思います。主人よりもリラックスできます。だから、きっかけとしては肉体関係ですが、もしも今後、いいお付き合いができるのであれば、これをきっかけにして、恋人関係になっていくのもいいのかもしれないって思っています。

彼にはそういう気持ちがあるのかわかりませんし、そもそもベッドの上では私が彼の管理者ですから、もしも本気でそういう方向に進むのであれば、私が積極的になっていかないといけないんですが、今はなんとなくそんな日々も頭の中で思い描いています。ただ、性格だけではなく身体のほうの相性もどんどん良くなってきているので、この関係だけは何があっても消したくないって思っています。デートをしているときなどに、私がテーブルの下からこっそり手を伸ばして、彼の太ももにタッチすることがあります。こういう些細なボディタッチであっても、彼はドキッとした顔をするんです。そういう反応もかわいくて仕方がないので、彼とは今後も長くお付き合いしていきたいと思います。その関係性がどんなものなのかは今はまだわかりませんし、彼次第の部分もあるのですが、良い関係が築いていければいいと思っています。

兵庫県の逆援助掲示板を確認する→

地域別検索