自分のペースで付き合いたいと考えた結果、逆援助に行き着きました

自分のペースで付き合いたいと考えた結果、逆援助に行き着きました

私は22歳の現役の大学生です。高校時代からモデルをしていて、ルックスやスタイルには自信があります。大学生になってからも告白されたことは数え切れず、自分で言うと嫌な女になりますが、かなりモテます。こういう顔と身体に産んでくれた母親に感謝していますが、身体付きも男の人から見るとエロいらしく、同世代はもちろん、かなりのおじさまにもモテます。そんな私ですが、最近面白い遊びをしています。何かと言えば、サイトで男性を捕まえて逆援助しているのです。どうしてそんなことをしてるかと言えば完全に遊びです。

また、これまでいろいろな男の人と付き合ってきたものの、結局みんな私の前ではカッコつけたり、気を使ったりするので、私がリラックスできないんです。そんなふうに男性と付き合うことにやや疲れてしまい、自分のペースで好きなように男性と過ごしたいと考えた結果が逆援助なんです。モデルとしての収入もありますし、バイトもしているので原資となるお金はありました。また、逆援助をしてほしいと考えている男性がたくさんいるのも知っていましたし、そういう人の中にはバイト感覚で女性と会って身体を捧げている人がいるのも知っていたので、そういう人と会って遊んでみたいって思ったんです。

おそらく彼らは逆援助をしようと持ち掛けてくる女はそんなにレベルが高くないって思い込んでいると考えていたんです。でも、そこに私が出向いたら驚くだろうなって思って、そんなドッキリのようなことがしたくてはじめたんです。そのため、これはあくまでも遊びなので同じ相手と何度も会いません。毎回相手はできるだけ変えています。どうしても相手がうまく見つからないときには、過去に会った人にまた会うこともありますが、基本的には毎回初対面です。みんな、私の予想通りに驚いてくれますし、エロい身体を抱ける上、お小遣いまでもらえるということで夢見心地の中、帰っていきます。

そんな顔を見ているのが今は楽しくて仕方ありません。そんなことをして何になるのかと思うかもしれませんが、正直自分でもよくわかりません。でも、今はこれが楽しいのです。たまに、明らかにモテないタイプの男性とか童貞の男性と遊ぶこともありますうが、そういうときの彼らは本当にうれしそうな顔を見せてくれます。また、遊んでいそうな男の人や、どうせレベルの低い女が来ると思い込んでたかをくくっている男性と会うときには、相手の驚愕した顔を見るのが楽しいですし、そういう男性に命令口調であれやこれやと指示して舐めさせたりするのが楽しいのです。

悪趣味と言われればそれまでですが、これが今現時点の私が求めている性癖なんだと思います。だからやめるつもりもありません。また、目的は基本はエッチすることですが、その日の気分でエッチしないこともあります。やはり、逆援助をしているので、そのあたりも自由きままにさせてもらっています。サイトでやり取りしているときにはエッチする前提で話をさせてもらっていても、いざ会ったときには気分が変わっていることもあるので、そういう場合にはエッチはキャンセルさせてもらって、デートします。

もちろん、向こうはそれでもなんとかホテルに行こうと誘ってきますが、強引には誘えません。やはり援助しているのが私のほうだからです。私の機嫌を損ねるようなことはできないのです。そういう安心感もありますし、相手がどんな男性であっても私の思うがままに動いてくれるという優越感があります。

そういうことを繰り返していると、自分自身にもステータスを感じることができるようになり、まるでお姫様のような気分を味わうことだってできるわけです。もちろん、たくさんの相手とセックスしていると、その中には身体の相性がいい人もいますし、とても上手な人もいます。そういう場合にはまた会いたいと思うこともありますが、やはりこの遊びを満喫するためにはやり捨てが基本です。

自分自身が若いので、若さを求めている男性との出会いもあるんですが、そういう場合には向こうはしつこくまた会いたいと誘ってくるなど、たまには面倒なこともあります。でも、こちらの連絡先はLINEだけしか教えていないので、リスクはありません。家は石川県の白山市にあり、そこでひとり暮らしをしていますが、ここは絶対に教えないようにしているので、心配なくこの遊びをしばらくは継続できると思っています。

石川県の逆援助掲示板を確認する→

地域別検索