童貞の男の子を気に入って、逆援助で今も会っています

童貞の男の子を気に入って、逆援助で今も会っています

私は高松市に住んでいる29歳の人妻です。主人との関係性が悪化したことで出会い系サイトにハマりだして、これまでに数名の男性と会ったのですが、今は草食系の男性とのお付き合いが続いています。うちの主人はどちらかと言えば肉食系ですが、私自身が優しさにあふれたおとなしい男性に興味があったので、今回はそうしたのです。主人とは真逆の性格なので、とても新鮮な気分で会うことができていますし、なかなか楽しい毎日です。彼は22歳の大学生の男の子で、はじめて会ったときはまだ童貞でした。大学生の男の子との接点なんてないので、そんな若い子と会うのは久しぶりでしたが、それ以上に、童貞の男の子を相手するのははじめてでした。サイトで募集のメッセージを彼は書いていたのですが、そのときプロフィールのページに童貞であることも書かれていました。つまり、彼からの募集を見た段階でそれを私は知っていたのです。さすがに少々の戸惑いもありました。興味はあっても、どう対処していいのかがわからなかったからです。

でも、とても興味があったので会うことにしました。写真も事前にもらっていたのですが、かわいいタイプの顔立ちで、本当に彼が来るのか半信半疑でもありました。本当に写真の通りの男性ならば女性からモテそうだったので、童貞なんていうのが信じられませんでしたし、そもそも出会い系サイトを使うだろうかって思ったからです。でも、待ち合わせ場所には彼がきちんとやってきてくれました。こういう出会い方ははじめてでしたので、お互いに身体が目的とはわかっていましたが、最初からホテルに行くのではなく、まずは近場のカフェでお互いを知ることにしました。そこで話していて、彼の趣味の話などを聞いていたのですが、やがて性的な話になっていき、彼が過去に女性でこじらせて今も初体験を済ませていないことを知ったのです。

理由も詳細に聞いたことで彼に対する不信感のようなものが消えていき、私は彼との関係を持ちたいと素直に思うことができました。そのため、場所を移動してホテルに行こうと私のほうから誘いました。夫との夫婦生活は少し前までありましたが、さすがに自宅オンリーでしたから、ホテルはドキドキしました。サイトでそれまでに会った男性ともホテルは使っていましたが、少々時間があいていたのでドキドキしたのです。でも彼のほうはホテルに入るのもはじめてでしたので、私以上に緊張していました。そんな姿を見ていたらなんだかとても愛おしく思えてきて、ムラムラしてきたのです。もはやどういう状況なのか自分でも整理できなくなっていたのですが、とにかく愛情や欲望や性欲や母性本能が入り乱れていた状態です。

そのまま彼と部屋に入って、夕方までふたりで過ごしました。彼は初回とあってうまくできませんでしたが、それも最初だけで、私が教えていくことで上手になっていき、最終的にはきちんとひとつになることもできました。そして、それ以降も暇があれば彼と会っています。彼も私のことを気に入ってくれたのですが、それ以上に私のほうが彼を気に入ってしまいました。大学生であまりお金もないということだったので、今は私のほうから逆援助をしています。たいした金額ではないのですが、彼にはきちんとゴハンも食べてほしいですし、きちんとした服も着てほしいと思ったので、逆援助をしているんです。

でも、だからと言って私たちの関係性は今まで通りです。どちらか上とかいうことではなく、平等な関係の中で会って、ホテルで時間の許す限り、イチャイチャしています。彼との関係性は当初はセフレのつもりでしたが、今はまるで恋人ではないかと思えるほどに夢のような時間を過ごしています。結婚してからはこうした時間は皆無でしたし、何よりも主人はイチャイチャしようと言うようなタイプではなかったので、このような時間を味わったのは本当に久しぶりのことでした。でも、だからこそとても幸せな時間でもあります。今も関係性は続いていますので、このまま主人に気づかれることもなく、穏やかな時間の中で幸せな時間が続いていけばいいと願っています。いけないことという認識はありますが、もはや止まることができないほどにぞっこんなのです。それに、もはや主人に対する愛情はほとんどないので、この関係を悔やんでいる部分はありません。今の私はとにかく幸せなので、このままひた走りたいです。

香川県の逆援助掲示板を確認する→

地域別検索