独り身の寂しさから、逆援助で童貞だった男性を繋ぎ止めています

独り身の寂しさから、逆援助で童貞だった男性を繋ぎ止めています

和歌山市内に住む40代後半の女です。私はこの年になるまでずっとひとり身です。結婚願望もあり、いつかは結婚したいと常に考えて生きてきましたが、結局はいい縁に恵まれずにこの年齢を迎えてしまいました。理由はいくつかあるのを自覚しており、そのうちのひとつは自分の感情の起伏です。20代のころに精神的な病を患ってしまい、それ以来自分で自分をうまくコントロールできないところもあるのです。そのため、恋人ができて優しい言葉をかけてくれても、あとになってその言葉を思い出すとマイナス方向に考えてしまって彼に当たったりと、相手を疲れさせてしまうのです。

年齢を重ねるとともにそうした状況も落ち着いてきたのですが、やはり、恋人を作ってもうまくいかないケースが多く、そういうことを繰り返しているうちに徐々に恋愛することに自信が持てなくなり、ひとりで過ごすことも多くなったのです。

そして、気づいたら相当な時間が経過し、こういう年齢になってしまっていました。別に相手に対して高望みをしているわけでもなく、年収やルックスもそこまで高いものを求めることもありません。金銭的なことに関して言えば私が金融系の仕事なので、女性の中では稼いでいるほうなので、結婚したら私が相手を食べさせてもいいぐらいに思っていました。ただ、そういう思いがあっても結婚は相手があることなので、結局はうまくいかないままにこの年齢を迎えたわけです。

そして、47歳の誕生日を迎えたときだったと思いますが、さすがにもう自分の中で結婚は無理だと思ったのです。ただ、同時に自分の中に変化が起こりました。それは性欲が湧き出してきたのです。もちろん、これまでも存在していましたが、結婚を無理だと諦めたあとは、それがとても大きくなったのです。

うまく言えないんですが、これまではあまり気にするほどのものじゃなかったのに、無理と諦めてからはあからさまになりました。エッチをしたくて仕方がない状況にまでなったのです。さらに言えば、若い男性に興味を持つようにもなりました。結婚を意識していたころは同世代に興味がありましたが、その後は20代、しかも20代前半ぐらいの若い男性に興味を持つようになったんです。

なんというか、せっかく抱かれるならばそういう世代がいいと考えるようになったんです。最初はなんとなくの興味本位でしたが、その後は本格的にそれを叶えたいと考えるようになって、じつを言えば今はそれを実現してしまっているのです。しかも、相手は女性が未経験の男性です。つまりは私と関係を持つまで童貞だった男性なのです。未経験男性を最初に探したわけではなく、サイトの書き込みを見ていたらそういう書き込みを見つめて、興味を抱いたのです。

同時に、自分が若い男性を求めていた理由のひとつが清潔感だとわかったのです。同世代の男性はどうしてもどこか汚れているというか、いろいろな経験を通してそれなりの人になっていますが、若い世代の男性は純粋無垢ですから、そこに惹かれていたのだと気づいたのです。そして、純粋無垢の最たるものと言えば、童貞だと気づいたのです。

そのため、迷うことなくその人に決めて、今も関係を持っています。最初に関係を持った時点で彼は童貞を捨てましたし、彼がサイトで女性を探していた理由も童貞を捨てたいという思いだけだったので、彼としては1回会っただけで目的を達成したわけですが、私が彼の見た目や純粋さをかなり気に入ってしまったこともあって、彼を私だけのものにしたいと考えたのです。ただ、彼はさすがに私を恋愛対象として見ることができないと言ったので、逆援助の関係でとお願いしました。

逆援助の話は彼のほうから言い出したことで、要はお金の関係ということでしたから、さすがに迷いもありましたし、寂しさもありました。でも、そういう条件でなら会ってもいいと言われたので、最終的には私のほうからそれをお願いした感じです。ただ、それによって彼とは好きなときに好きなだけ会える関係になっています。

身体のみの割り切った関係ではありますが、彼は私がお願いすればいくらでも奉仕してくれますし、丁寧に私が舐めてほしい場所も舐めてくれるので、満足させてもらえています。彼は自分の友人などにもこの関係は内緒にしているということで、そういう事実を聞くとたまに自分が情けなくなるのですが、肉体的には満足させてもらえているので、今後も関係は継続していきたいと思っています。結婚はもうしないとは思いますが、こんな人生もいいのかもしれないと思っています。

和歌山県の逆援助掲示板を確認する→

地域別検索